認知行動療法・薬物療法併用ガイドブック

ドナ・M・スダック 著 ; 貝谷久宣 監訳

大うつ病、双極性障害、不安障害、統合失調症、摂食障害、境界性パーソナリティ障害、物質乱用・依存に有効な治療法とは?精神疾患の二大治療法の統合!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 薬物療法対認知行動療法-どうしてこうなったのか?
  • 神経生物学的エビデンスと併用療法
  • 責任共有治療-共同的な患者ケアを促進する原則
  • 薬物療法のアドヒアランスを向上させるためにCBT介入と薬物療法を統合する
  • 大うつ病の併用療法
  • 双極性障害の併用療法
  • 不安障害の併用療法
  • 摂食障害の併用療法
  • 統合失調症の併用療法
  • 境界性パーソナリティ障害の併用療法
  • 妊娠・出産・授乳期における併用療法
  • 物質乱用と物質依存の併用治療-Samson Gurmu M.D.との共同執筆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知行動療法・薬物療法併用ガイドブック
著作者等 Sudak, Donna M
貝谷 久宣
Sudak Donna M.
スダック ドナ・M.
書名ヨミ ニンチ コウドウ リョウホウ ヤクブツ リョウホウ ヘイヨウ ガイドブック : エビデンス ベイスト アプローチ
書名別名 Combining CBT and Medication

エビデンスベイスト・アプローチ

Ninchi kodo ryoho yakubutsu ryoho heiyo gaidobukku
出版元 金剛
刊行年月 2013.9
ページ数 268p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7724-1329-9
NCID BB13464708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22302658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想