統合ヨーロッパの市民性教育 = European Integration and Education for Citizenship

近藤孝弘 編

揺れる国家、「市民」の行方-統合が進む一方、移民は増大し、ポスト国民国家の社会像も今なお明確ではない欧州。排外主義や「帝国」化を回避しつつ、一国で完結しない民主主義をどのように発展させていくのか。シティズンシップ教育に託された困難な課題への挑戦と、その多様な姿を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 揺れる国家と市民性教育
  • 第1部 統合の中の教育と市民(ヨーロッパ教育の形成と発展過程
  • アクティブ・シティズンシップとヨーロッパ
  • 学校におけるヨーロッパ市民の育成-ドイツの事例から)
  • 第2部 政治的市民の育成(イングランドの市民性教育
  • フランス共和制と市民の教育
  • オーストリアにおける政治教育の導入
  • スウェーデン民衆教育における市民性教育
  • 日本における外国人と市民性教育の課題)
  • 第3部 移民の包摂(フランスにおける移民教育の転換
  • オランダにおけるムスリム移民と市民性教育
  • ドイツにおける参加を通じた移民の統合)
  • 補論 日本における外国人と市民性教育の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合ヨーロッパの市民性教育 = European Integration and Education for Citizenship
著作者等 近藤 孝弘
書名ヨミ トウゴウ ヨーロッパ ノ シミンセイ キョウイク
書名別名 European Integration and Education for Citizenship
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2013.10
ページ数 266,35p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0740-5
NCID BB13449817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22310443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想