〈音楽の国ドイツ〉の系譜学  2

吉田寛 著

「借用と模倣」を得意とする国民というドイツ人のアイデンティティは、十八世紀に、イタリアとフランスの音楽趣味を折衷する「混合趣味」の音楽を全盛期に導いた。だが十九世紀には、混合趣味は否定され、「固有」で「根源的」な"ドイツ音楽"が希求されるようになる。この"ドイツ的なもの"の構造転換をもたらしたものこそ、"フォルク"の歌謡としての「民謡」の発見だった。民謡がドイツ民族の精神的基盤となるまでのドラスティックな歴史のうねりを追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 音楽の国民様式論と混合趣味-"遅れてきた国民"のアイデンティティ・ポリティックス(音楽の国民様式論とそのドイツでの展開
  • 混合趣味と「ドイツ的なもの」
  • 混合趣味の精神からのドイツ古典派の誕生)
  • 第2部 混合趣味の衰退と「ドイツ的なもの」の転換(音楽におけるヨーロッパ意識の登場と「国民的なもの」の消滅
  • 国民的音楽の不在?-バーニーの『ドイツ旅行記』が巻き起こした論争
  • マールプルクによる混合趣味批判
  • ヘルダーと民謡の発見)
  • 結語 「国家でなく民族」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈音楽の国ドイツ〉の系譜学
著作者等 吉田 寛
書名ヨミ オンガク ノ クニ ドイツ ノ ケイフガク
書名別名 民謡の発見と〈ドイツ〉の変貌 : 十八世紀

Ongaku no kuni doitsu no keifugaku
巻冊次 2
出版元 青弓社
刊行年月 2013.9
ページ数 318p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7872-7336-9
NCID BB13449544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22307050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想