死の帝国 : 写真図説・奇想の納骨堂

ポール・クドゥナリス 著 ; 千葉喜久枝 訳

人がよく生きるためにも、死はもっと身近にあったほうがよい。見つめるだけで心が落ちつく、不思議なヒーリング・パワーも秘めた、異色のヴィジュアル・ブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 死との対話
  • 第1章 往生術(アルス・モリエンディ)-初期の納骨堂
  • 第2章 黄金時代-対抗宗教改革期のマカーブル
  • 第3章 死の勝利-19世紀の骨の幻影
  • 第4章 天国の魂-骨の山にまつわる神話と心霊術
  • 第5章 我を忘れることなかれ-記憶の場としての納骨所
  • 第6章 死者をよみがえらせる-保存と修復

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の帝国 : 写真図説・奇想の納骨堂
著作者等 Koudounaris, Paul
千葉 喜久枝
クドゥナリス ポール
書名ヨミ シ ノ テイコク : シャシン ズセツ キソウ ノ ノウコツドウ
書名別名 THE EMPIRE OF DEATH
出版元 創元社
刊行年月 2013.10
ページ数 224p
大きさ 32cm
ISBN 978-4-422-14385-9
NCID BB13447072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22324689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想