絆の構造 : 依存と自立の心理学

高橋惠子 著

日本の家族と社会の関係が大きく変化している。私たち日本人が直面する生活困難は、家族で助け合うことだけで解決できるのか!?仲間・友人・恋人との新たなつながりを求めて、自分らしい「愛情のネットワーク」をつくる一歩を踏み出すために-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人間関係の神話
  • 第1章 日本の家族の現在
  • 第2章 母子関係は特別か
  • 第3章 仲間・友人・恋人との関係
  • 第4章 定年からの人間関係
  • 第5章 人間関係の仕組み
  • 第6章 人と人をつなぐ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絆の構造 : 依存と自立の心理学
著作者等 高橋 恵子
高橋 惠子
書名ヨミ キズナ ノ コウゾウ : イゾン ト ジリツ ノ シンリガク
書名別名 Kizuna no kozo
シリーズ名 講談社現代新書 2224
出版元 講談社
刊行年月 2013.9
ページ数 215,6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288224-8
NCID BB13442829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22306886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想