僕がメディアで伝えたいこと

堀潤 著

ニュース番組の限界と次世代メディアの可能性。元NHKアナウンサーが語る"現場で見たこと、聞いたこと、考えたこと"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 NHKで学んだこと(泊まり込みの新人研修
  • 実は落ちまくっていた民放の入社試験 ほか)
  • 第2章 僕がカメラに背を向けた理由(「チャラチャラしたヤツは現場に行かせない」
  • 「給料泥棒」と呼ばれて ほか)
  • 第3章 果たせなかったメディアの責任(大企業目線だった『Bizスポ』
  • 「黙って原稿を読めばいい」「打ち合わせにないことはやるな」 ほか)
  • 第4章 僕がメディアで伝えたいこと(公平中立を保とうとするアメリカメディア
  • キーワードは「オープン」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僕がメディアで伝えたいこと
著作者等 堀 潤
書名ヨミ ボク ガ メディア デ ツタエタイ コト
シリーズ名 講談社現代新書 2223
出版元 講談社
刊行年月 2013.9
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288223-1
NCID BB13442807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22306911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想