森郁夫 著

竪穴住居の時代から建物を支えてきただけでなく、大黒柱、鼻っ柱、貝柱など、さまざまな言葉に使われ、日常生活に浸透している柱。遺跡の発掘でわかった事実をはじめ、日本文化との関わりを紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 柱の効用
  • 第2章 柱を立てる
  • 第3章 遺跡にみる掘立柱建物
  • 第4章 棟持柱を伴う建物
  • 第5章 塔心柱
  • 第6章 舎利納置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 森 郁夫
書名ヨミ ハシラ
書名別名 Hashira
シリーズ名 ものと人間の文化史 163
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.9
ページ数 236,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21631-2
NCID BB13438402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22339657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想