アメリカ〈主婦〉の仕事史 : 私領域と市場の相互関係

森杲 著

家事を担う主婦の「仕事」とは-各時代の社会環境・条件に対応した主婦の日常行動に内在する特徴を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 データが示す現状-歴史探訪に先立っておさえておくこと
  • 第1章 植民地アメリカの主婦-仕事の役割と権利
  • 第2章 消費革命、独立革命、市場革命のなかで-変革の担い手、受け手としての主婦
  • 第3章 「科学的家事」の提起、「終わりなき家事」の実践-一九世紀主婦業の範囲と任務
  • 第4章 家計の測定-一九〜二〇世紀転換期の家庭の金銭収支と消費対象
  • 第5章 買い物という仕事-生産から消費へと転換する家事
  • 第6章 耐久消費財が家庭に入る-主婦業の範囲をどう変えたか
  • 第7章 ワーキング・マザー問題の諸側面-ワークとホームの関連をめぐる議論の展開
  • 付章 チャイルド・ケア制度の歴史と現況へのノート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ〈主婦〉の仕事史 : 私領域と市場の相互関係
著作者等 森 杲
書名ヨミ アメリカ シュフ ノ シゴトシ : シリョウイキ ト シジョウ ノ ソウゴ カンケイ
シリーズ名 MINERVA西洋史ライブラリー 97
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.9
ページ数 369,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06676-6
NCID BB13430003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22312981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想