児童精神医学

ギィ・ブノワ, ジャン=ピエール・クラン 著 ; 阿部惠一郎 訳

子どもの精神的な「病気」に関する考え方の時代的変遷について記述。成人とは異なり、親や周囲との関わりが大きく影響する「子ども時代」と呼ばれる時期が大きな意味をもつ。子どもの特徴を考慮した特別なアプローチが必要であり、一般精神医学の一領域からは独立した専門科目である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史(児童精神医学の歴史はどのように記載されてきたか
  • 問題提起)
  • 第2部 児童精神医学は一つのダイナミズムである(本質、実在、そして全体性
  • 児童青年期精神医学の特殊性)
  • 結論 創造の義務

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 児童精神医学
著作者等 Benoît, Guy
Klein, Jean-Pierre
阿部 惠一郎
Benoit Guy
Klein Jean‐Pierre
クラン ジャン=ピエール
ブノワ ギィ
書名ヨミ ジドウ セイシン イガク : レキシ ト トクチョウ
書名別名 La psychiatrie de l'enfant

歴史と特徴
シリーズ名 文庫クセジュ 983
出版元 白水社
刊行年月 2013.9
ページ数 159,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50983-8
NCID BB13429106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22303549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想