方法としての構築主義

中河伸俊, 赤川学 編

つかえる構築主義。どのような概念装置やアイデアをつかえば分析が首尾よく進むのか。経験的な方法論として鍛え上げた試みを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 構築主義で何をするのか-経験的探究の方途の成熟のために
  • 第1部 経験的なフィールドワークにもとづく構築主義(「ひきこもり」社会問題化における精神医学-暴力・犯罪と「リスクの推論」
  • 「安全・安心」というるつぼ-生活安全条例を中心に
  • 社会問題のサイクルと経路依存性-「非実在青少年」規制をめぐって
  • 緩慢な自殺から緩慢な殺人へ-日本における喫煙問題と受動喫煙という概念
  • ケースを記録する-強調する、省略する、共有する)
  • 第2部 歴史を対象とする構築主義(男の猥談に現れる女の性欲-1960年代雑誌記事の「レスビアン」言説
  • 近代日本における被害者像の転換
  • 戦後日本の団地論にみる「個人主義」と「家族中心主義」-「孤立」をめぐる言説史の視点から
  • 写真と写真ディスコース-コンポラ写真をめぐるカテゴリーの変遷
  • 種の曖昧な縁-ハッキングの歴史的存在論について
  • 社会問題の構築とレトリック-論法・転義・同一化)
  • 構築主義との出会い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方法としての構築主義
著作者等 中河 伸俊
赤川 学
書名ヨミ ホウホウ ト シテ ノ コウチク シュギ
書名別名 Hoho to shite no kochiku shugi
出版元 勁草書房
刊行年月 2013.9
ページ数 252p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-60256-8
NCID BB13415247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22302328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想