精神と栄養

小澤寛樹 編

[目次]

  • 1章 基礎研究・臨床研究・疫学的研究(精神疾患と脂肪酸をつなぐ分子としてのFABP
  • 行動に影響する油脂のω6/ω3バランスと微量成分 ほか)
  • 2章 栄養管理の立場からみた精神科疾患-BMIの視点から(統合失調症外来患者の肥満に関連する食事因子の検討
  • 全国の統合失調症入院患者のBMIと男女別、年代別の特徴 ほか)
  • 3章 世界的にみたω3系多価不飽和脂肪酸の研究動向(攻撃性とω3系脂肪酸
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)とω3系脂肪酸 ほか)
  • 4章 精神栄養研究の今後の展開への期待(精神栄養研究の重要性
  • 日本の食文化のなかで、食事スタイルとの関連を研究する必要性 ほか)
  • 5章 精神栄養研究会の軌跡とここに収録された解説のまとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神と栄養
著作者等 小澤 寛樹
書名ヨミ セイシン ト エイヨウ : メンタル ヘルス ノ アラタ ナ シテン
書名別名 メンタルヘルスの新たな視点

Seishin to eiyo
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2013.8
ページ数 202p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7532-2637-5
NCID BB13411916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22304167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想