明史選挙志  1 (明代の学校・科挙・任官制度)

井上進, 酒井恵子 訳注

選挙とは、しかるべき人材を選び出し挙げ用いること。中国では約1300年間、科挙制度が官僚の選抜・登用をになった。本書はその完成形を示す明代の制度に徹底した解説を施す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 学校(総序
  • 国子監
  • 府州県学
  • 宗学・社学・武学)
  • 2 科挙(制度概要)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明史選挙志
著作者等 井上 進
酒井 恵子
書名ヨミ ミンシ センキョシ
書名別名 Minshi senkyoshi
シリーズ名 明史 839
東洋文庫 839
巻冊次 1 (明代の学校・科挙・任官制度)
出版元 平凡社
刊行年月 2013.9
ページ数 339p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80839-1
NCID BB13409222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22313662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想