私のディスレクシア

フィリップ・シュルツ 著 ; 藤堂栄子 監訳 ; 室﨑育美 訳

少年時代に、文字を読むことに苦労し、母親を除いてひとりの理解者もなく、学校の教師や同級生たちには疎外感をもち続けてきた著者。息子の診断を機に、58歳になって初めて自らもディスレクシアであることを知った衝撃と、それゆえに振り返る自分の心の軌跡、新たな視点を得て進む自己理解。学習障害(LD)の中核であるディスレクシア(読み書き障害)の当事者の苦悩や不安と葛藤、生涯にわたる格闘と、その中で深めてきた思索を、ピュリツァー賞受賞の詩人の感性が語り尽くす自伝。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私のディスレクシア
著作者等 Schultz, Philip
室崎 育美
藤堂 栄子
シュルツ フィリップ
書名ヨミ ワタクシ ノ ディスレクシア
書名別名 My Dyslexia

Watakushi no disurekushia
出版元 東京書籍
刊行年月 2013.7
ページ数 124p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-487-80620-1
NCID BB13401027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22285321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想