キレイゴトぬきの農業論

久松達央 著

「有機農法なら安全で美味しい」「農家は清貧な弱者である」「農業にはガッツが必要だ」-日本の農業に関する議論は、誤解に基づいた神話に満ちている。脱サラで就農した著者は、年間五十品目の有機野菜を栽培。セオリーを超えた独自のゲリラ戦略で全国にファンを獲得している。キレイゴトもタブーも一切無し。新参者が畑で徹底的に考え抜いたからこそ書けた、目からウロコの知的農業論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有機農業三つの神話
  • 第2章 野菜がまずくなっている?
  • 第3章 虫や雑草とどう向き合うか
  • 第4章 小規模農家のゲリラ戦
  • 第5章 センスもガッツもなくていい
  • 第6章 ホーシャノーがやってきた
  • 第7章 「新参者」の農業論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キレイゴトぬきの農業論
著作者等 久松 達央
書名ヨミ キレイゴトヌキ ノ ノウギョウロン
シリーズ名 新潮新書 538
出版元 新潮社
刊行年月 2013.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610538-8
NCID BB13400840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22304131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想