桃源郷

川合康三 著

仙人になって不老長生を得たいという願い。世俗を離れ思うがままに暮らしたいという隠逸への憧れ。古代の理想郷=華胥氏の国-。中国最古の詩集『詩経』にあらわれた「楽土」から陶淵明の「桃花源記」まで、中国の精神文化を考えるうえで欠かせない「楽園」の思想を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 仙界の夢想(不老長生の希求
  • 仙界への疑念
  • 魏晋哲人の神仙観)
  • 第2章 隠逸の願望(隠逸とは何か
  • 高潔から愉楽へ
  • 自分らしく生きる)
  • 第3章 古代の楽園(楽土
  • 鼓腹撃壌-古代の泰平の世
  • 華胥氏の国)
  • 第4章 地上の楽園(庭園
  • 隠れ里)
  • 第5章 桃花源(陶淵明の「桃花源記」
  • それぞれの桃花源)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桃源郷
著作者等 川合 康三
書名ヨミ トウゲンキョウ : チュウゴク ノ ラクエン シソウ
書名別名 中国の楽園思想
シリーズ名 講談社選書メチエ 558
出版元 講談社
刊行年月 2013.9
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258561-3
NCID BB13387797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22304157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想