織田作之助

オダサク倶楽部 編集

26歳で書いた不朽の名作「夫婦善哉」-。作家活動わずか7年の間に多くの作品を残し、伝説のような生涯を足早に駆け抜けた男の全軌跡。全集未収録作品、オダサクを語るエッセイ・評伝・対談・座談会とともに。貴重な写真を多数掲載!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 織田作之助からの伝言
  • 夫婦善哉の世界
  • 同時代の証言
  • 三十三年と七十六日間の軌跡-織田作之助の生涯と作品
  • 織田作之助が語る大阪・文学・女性
  • 全集未収録作品
  • 織田作之助をめぐる人びと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 織田作之助
著作者等 オダサク倶楽部
書名ヨミ オダ サクノスケ : ショウワ オ カケヌケタ デンセツ ノ ブンシ オダサク
書名別名 昭和を駆け抜けた伝説の文士"オダサク"
出版元 河出書房新社
刊行年月 2013.8
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-02211-6
NCID BB1338372X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22295382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「土曜夫人」執筆開始 北澤紀味子 著
『夫婦善哉』と織田作之助 前田愛 述, 瀬戸内晴美
おれはロマンを発見した 悪麗之介 著
ほんまの織田作之助 大谷晃一 著
オダサク本の装釘家たち 橋爪節也 著
ロンリー・ロマンの人 金秀吉 著
一枝との結婚、筆一本の作家生活へ 井村身恒 著
出版統制の中で、大阪の文学を発信し続ける 高橋俊郎 著
劇作家修行時代に出会った運命の女性 宮川康 著
可能性の文学 吉村正一郎 述, 織田作之助
大阪と文学を語る 宇野浩二, 織田作之助, 鍋井克之 ほか 述
大阪の反逆 坂口安吾 著
大阪名所絵葉書 織田作之助 著
夫婦善哉 宮川康 著
妻一枝の家計簿 岩佐善哉 著
小説家・織田作之助の誕生 悪麗之介 著
文学を愛するの余り… 大浦一郎 著
映画への進出、一枝の死 井村身恒 著
東京さん! 織田作之助 著
森繁久彌が語る柳吉と蝶子 森繁久彌 述
歓楽極まりて哀情多し 坂口安吾, 太宰治, 織田作之助 述
玉岡/かおる∥述 辻原登 述
笹田和子との結婚、阪神間モダニズムとの交流 増田周子 著
織田作の師・友 稲垣真美 著
織田作之助が見た別府 小野弘 著
織田作之助について 杉山平一 著
織田作之助について 林芙美子 著
織田作之助の"大阪"を現代に問う 難波利三 述
織田作之助の凄い言葉 三島佑一 著
織田作之助主要著作書影
織田作之助君のこと 桑原武夫 著
織田作之助生誕一〇〇年アンケート 夫婦善哉オダサク倶楽部 編
翻刻 白鷺部隊 織田作之助 著
落魄の青春 藤田和美 著
解説 脚本家織田作之助の仕事 市川良雄 著
路地長屋で生まれ育つ 高橋俊郎 著
遺品が語る新事実 オダサク倶楽部 編
長屋の子が良家のぼんちを見返した 松井繁幸 著
阪田三吉と織田作之助 酒井隆史 著
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想