調査と分析のための統計

上藤一郎, 森本栄一, 常包昌宏, 田浦元 著

内閣の支持率、商品のPOSデータなど、さまざまな社会情報が数値化されている現代では、それらのデータを正しく理解することは、文系・理系問わず非常に重要である。本書では、調査によるデータの収集からその集計・分類などの取り扱い、統計解析手法を用いたデータの分析まで、基礎からていねいに解説する

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数字で表された社会情報とは-さまざまな統計データ
  • すべてを調べるか一部を調べるか-全数調査と一部調査
  • 実際に調査を行うには-さまざまな調査の実施方法
  • 外部のデータを利用するには-公的統計を中心に
  • 統計データの構造とは-変数とデータ
  • 統計データの分布を見る-集計と分類
  • 分布の中心を測る-さまざまな代表値
  • 分布のバラツキを測る-散布度と集中度
  • 量的な関係を探索する-相関と回帰
  • 量的な現象を予測する-重回帰分析
  • 質的な関連を探索する-カテゴリカルデータ解析
  • 質的な現象を測る-数量化理論
  • 複雑な現象を測る-多変量データ解析
  • データ解析の実際-世代を測る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 調査と分析のための統計
著作者等 上藤 一郎
常包 昌宏
森本 栄一
田浦 元
書名ヨミ チョウサ ト ブンセキ ノ タメ ノ トウケイ : シャカイ ケイザイ ノ データ サイエンス
書名別名 社会・経済のデータサイエンス
出版元 丸善
刊行年月 2013.8
版表示 第2版
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08650-6
NCID BB13381134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22297628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想