レンズが撮らえた150年前の日本

小沢健志 監修

幕末維新の動乱、震災、戦争により日本の風景は一変した。日本の初期写真が写した150年前の人びとの暮らしと生活、そして日本各地の風景は、現在はない。「記憶」から「記録」へ、それ故に古写真は貴重な歴史資料である。飴細工、スイカ売り、指物師、食事の支度をする人たち、松島、鎌倉、中禅寺湖、有馬温泉、伊勢神宮ほか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カラー特集 写真で見る幕末・明治
  • 150年前の日本のすべて(モノとしての初期写真-幕末〜明治中期に制作された写真の所蔵調査について
  • 海外に流出した日本の初期写真
  • 風景写真を読む-江戸から東京へ
  • 幕末維新の古写真から読み解けるもの-軍事史情報を一つの例として
  • 服装から見る幕末明治の写真
  • 文明開化とともに花開く近代の装い)
  • 風俗と職人たち
  • 女たちと生活
  • 日本各地の風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レンズが撮らえた150年前の日本
著作者等 Dobson, Sebastian
三井 圭司
小沢 健志
松本 健
津田 紀代
淺川 道夫
藤井 裕子
書名ヨミ レンズ ガ トラエタ ヒャクゴジュウネンマエ ノ ニホン
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.8
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-634-15047-8
NCID BB1337538X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22298023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想