世界の太陽と月と星の民話

日本民話の会, 外国民話研究会 編訳

世界中の人々がふと見上げる空のかなたから生まれた、物語・伝説・俗信の数々。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 太陽(太陽を射る
  • かくれた太陽
  • ヨーロッパの太陽の話)
  • 第2章 月(月の黒斑
  • 月の満ち欠け
  • 月食・日食
  • 月さまざま)
  • 第3章 星(大熊座・北斗七星
  • すばる
  • オリオン座・三つ星
  • 天の川
  • 流れ星
  • 金星・明けの明星・シリウス他)
  • 第4章 太陽と月と星(太陽と月の結婚
  • 太陽と月の別れ
  • 太陽と月になった兄妹
  • 太陽と月をめぐる兄弟の争い
  • 空の世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の太陽と月と星の民話
著作者等 外国民話研究会
日本民話の会
書名ヨミ セカイ ノ タイヨウ ト ツキ ト ホシ ノ ミンワ
出版元 三弥井書店
刊行年月 2013.8
版表示 新装改訂版
ページ数 292,19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8382-9085-7
NCID BB13342653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22428185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想