人はなぜ御用学者になるのか

島村英紀 著

科学者はなぜ簡単に国策になびいてしまうのか?最前線の科学者とは孤独なものだ-御用学者は原子力ムラだけにいるのではない。地震学を中心に、科学と科学者のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人はなぜ御用学者になるのか
  • 1章 地震と科学者
  • 2章 地震と原発
  • 3章 科学と政治の舞台裏
  • 4章 巨大科学と社会の危うい関係
  • 5章 科学者の孤独
  • 6章 警告はなぜ生かされなかったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜ御用学者になるのか
著作者等 島村 英紀
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ゴヨウ ガクシャ ニ ナルノカ : ジシン ト ゲンパツ
書名別名 地震と原発
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2013.7
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7634-0671-2
NCID BB13320355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22284543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想