「情の理」論 : 情動の合理性をめぐる心理学的考究

遠藤利彦 著

[目次]

  • 第1部 情がもたらす理(情動とは何か、いかに見なされてきたか
  • 情動の機能性について考える
  • 表情がもたらすものとは何か
  • 情動の発達・情動が拓く発達
  • 情動の両刃性について考える
  • 「情の理」を活かす-「情動的知能」再考)
  • 第2部 情をささえる理(情動はいかに生み出されるか
  • 自己と情動-その密なる関係性を探る
  • 情動の進化論
  • 情動の文化論
  • 情動の究極の基体とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「情の理」論 : 情動の合理性をめぐる心理学的考究
著作者等 遠藤 利彦
書名ヨミ ジョウ ノ コトワリ ロン : ジョウドウ ノ ゴウリセイ オ メグル シンリガクテキ コウキュウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2013.8
ページ数 359p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-011140-9
NCID BB13320060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22337939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想