たのしいバイナリの歩き方

愛甲健二 著

濃くて楽しい機械語の世界へようこそ!基本的なアセンブリーディングから最新の応用事例まで、コンピュータを自在に操るための基礎が身につく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リバースエンジニアリングでバイナリの読み方を身につける(まずは解析の流れを体感してみよう
  • 静的解析をやってみよう
  • 動的解析をやってみよう
  • 最低限のアセンブラ命令だけざっくり把握する
  • アセンブラ命令から動作を把握しよう)
  • 第2章 シューティングゲームをチートから守るには(メモリダンプを読み解く
  • 動作を解析されないようにするには)
  • 第3章 ソフトウェアの脆弱性はこうして攻撃される(バッファオーバーフローを利用して任意のコードが実行される仕組み
  • 攻撃を防ぐ技術
  • セキュリティ機能を迂回する技術)
  • 第4章 処理を自在に実行させるプログラミングのテクニック(デバッガを自作して動作を理解する
  • 他プロセス内で任意のコードを実行させる〜コードインジェクション
  • 処理を任意のものに置きかえる〜APIフック)
  • 第5章 ツールを駆使してより深い世界へ(Metasploit Frameworkで脆弱性を検証/調査する
  • EMETでROP対策の仕組みをのぞく
  • REMnuxでマルウェアを解析する
  • ClamAVでマルウェアやExploitを検知する
  • Zero Wine Tryoutsでマルウェアを解析する
  • 人の手による解析を極力減らすには〜ヒューリスティック技術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たのしいバイナリの歩き方
著作者等 愛甲 健二
書名ヨミ タノシイ バイナリ ノ アルキカタ
出版元 技術評論社
刊行年月 2013.9
ページ数 317p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7741-5918-8
NCID BB13309363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22295232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想