法医学者の見た戦後日本

桂秀策 著

本書は、日本が戦った太平洋戦争を知らない世代の人達のために、法医学を専攻した筆者が時勢などを書き留めていたエッセイを編集したもので、経験を通して知った戦後日本の困難な現状を伝え残そうとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦後の世情(先見の明
  • 「はやぶさ」の偉業
  • 「はやぶさ」に思う
  • 親の顔を見てみたい
  • 最近の犯罪に思うこと
  • 数え年齢
  • 日本法医学会総会余話ならびに叙勲祝賀会謝辞
  • 日本語雑感
  • 人の死とは 死の医学的真相)
  • 第2部 日清・日露戦争および大東亜戦争後の世界と日本(戦 終わって
  • 偽装日本
  • 政府要人の談話
  • 大震災と原発事故のテレビ報道を視聴して)
  • 第3部 歴史へ移る戦争現代史(フランクフルト学派
  • 天皇と憲法
  • 戦後を生きて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法医学者の見た戦後日本
著作者等 桂 秀策
書名ヨミ ホウイガクシャ ノ ミタ センゴ ニホン
書名別名 Hoigakusha no mita sengo nihon
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2013.7
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86345-171-1
NCID BB13290185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22282785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想