ウェブ社会のゆくえ

鈴木謙介 著

会議中やデート中、目の前の相手がSNSを見始めたら?スマートフォンが飛躍的に普及した今日、ウェブの情報空間がリアル空間と結びつく「多孔化」は、私たちの生きる現実を大きく変容させ、社会のつながりを揺るがしつつある。いま、最も注目される社会学者が、「ソーシャルメディア疲れ」する若者の自己の有り様から、震災以後の日本社会の共同性の危機まで、多孔化した現実のゆくえを探る、待望の書き下ろし!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現実空間の多孔化(ウェブが現実を侵食する
  • ソーシャルメディアが「私」を作る
  • ウェブ社会での親密性)
  • 第2部 ウェブ時代の共同性(多孔化現実の政治学
  • 多孔化した社会をハッキングする
  • 「悲劇の共同体」を超えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェブ社会のゆくえ
著作者等 鈴木 謙介
書名ヨミ ウェブ シャカイ ノ ユクエ : タコウカ シタ ゲンジツ ノ ナカ デ
書名別名 〈多孔化〉した現実のなかで

Uebu shakai no yukue
シリーズ名 NHKブックス 1207
出版元 NHK
刊行年月 2013.8
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091207-2
NCID BB1327966X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22297270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想