質的研究法ゼミナール

戈木クレイグヒル滋子 編

質的研究法の基盤となるデータ収集のためのインタビュー法と観察法、そしてグラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)によるデータ分析の実際にいたるまで、バーチャルゼミ形式と豊富な図表で初学者を懇切に導きます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「島巡り」をはじめる前に
  • 2 インタビュー法によるデータ収集
  • 3 観察法によるデータ収集
  • 4 グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた分析の流れ
  • 5 プロパティとディメンション
  • 6 ラベルの抽出
  • 7 カテゴリーの抽出
  • 8 カテゴリー同士の関連づけ
  • 9 比較と理論的サンプリング
  • 10 インタビュー法を用いて収集したデータの分析
  • 11 観察法を用いて収集したデータの分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 質的研究法ゼミナール
著作者等 Craighill, Sigeko Saiki
戈木・クレイグヒル 滋子
戈木クレイグヒル 滋子
書名ヨミ シツテキ ケンキュウホウ ゼミナール : グラウンデッド セオリー アプローチ オ マナブ
書名別名 グラウンデッド・セオリー・アプローチを学ぶ
出版元 医学書院
刊行年月 2013.9
版表示 第2版
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-01867-8
NCID BB13258207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22300184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想