「若者」とは誰か

浅野智彦 著

消費社会化、「個性」重視の教育、自分探し、オタクの浮上、コミュニケーション不全症候群、ひきこもり、多重人格ブーム、「キャラ」の使い分け、分人主義…若者たちは自らのアイデンティティをいかに探求し提示してきたか。大人たちはそれをいかに捉え語ろうとしてきたか。消費からコミュニケーションへ、そして自己の多元化-若者のリアルと大人の視線とが絡み合いながら変化してきた30年の軌跡を鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アイデンティティへの問い
  • 第2章 それは消費から始まった
  • 第3章 消費と労働との間で
  • 第4章 「コミュニケーション不全症候群」の時代
  • 第5章 コミュニケーションの過少と過剰
  • 第6章 多元化する自己
  • 第7章 多元的自己として生きること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「若者」とは誰か
著作者等 浅野 智彦
書名ヨミ ワカモノ トワ ダレカ : アイデンティティ ノ サンジュウネン
書名別名 アイデンティティの30年

Wakamono towa dareka
シリーズ名 河出ブックス 061
出版元 河出書房新社
刊行年月 2013.8
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62461-7
NCID BB1325548X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22291834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想