オックスフォード ブリテン諸島の歴史  10

鶴島博和 日本語版監修

イングランド一国史観を超えて、ブリテン諸島諸地域の構造的関係を視野に、政治、経済、社会、文化の変容を描く画期的通史。本書第一〇巻では、ヴィクトリア女王が死去した一九〇一年から第二次チャーチル内閣成立の一九五一年までを対象としている。二つの大戦、労働党政権の成立と福祉国家の形成、インドの独立とコモンウェルスの再編、大衆消費社会の誕生-。これら時代の転換をつくったキーワードを追いながら、帝国の最盛期が再編を繰り返しつつ、徐々に終焉に向かう過渡期の五〇年を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 中間点-半世紀のブリテン諸島と「帝国」
  • 第1章 ブリテン諸島/イギリス帝国-二重の委任/二重のアイデンティティ
  • 第2章 統治者の選出/選ばれた者の統治
  • 第3章 イギリス的やり方と目的
  • 第4章 イギリス人であること-信条と文化
  • 第5章 統合と分離-勝利の代償
  • 第6章 後退する優位-イギリス経済
  • 第7章 富、貧困、進歩
  • 結論 衰退と進歩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オックスフォード ブリテン諸島の歴史
著作者等 Dutton, David
Garside, W. R.
Jeffery, Keith
Lowe, Rodney
Nicholas, Siân
Robbins, Keith
Tanner, Duncan
中村 武司
山口 育人
水田 大紀
秋田 茂
鶴島 博和
ロビンズ キース
書名ヨミ オックスフォード ブリテン ショトウ ノ レキシ
書名別名 The Short Oxford History of the British Isles:The British Isles 1901-1951

20世紀 : 1901年-1951年

Okkusufodo buriten shoto no rekishi
巻冊次 10
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.8
ページ数 295,58p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1650-3
NCID BB13250249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22293856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
20世紀 : 1901年-1951年 キース・ロビンズ 編, 秋田茂 監訳
イギリス人であること シアーン・ニコラス 著, 水田大紀 訳
イギリス的やり方と目的 キース・ロビンズ 著, 中村武司 訳
ブリテン諸島/イギリス帝国 キース・ジェフリー 著, 秋田茂 監訳
中間点半世紀のブリテン諸島と「帝国」 キース・ロビンス 著, 秋田茂 監訳
富、貧困、進歩 ロドニー・ロー 著, 山口育人 訳
後退する優位 W・R・ガーサイド 著, 山口育人 訳
統合と分離 ディヴィッド・ダットン 著, 山口育人 訳
統治者の選出/選ばれた者の統治 ダンカン・ターナー 著, 秋田茂 監訳
衰退と進歩 キース・ロビンズ 著, 山口育人 訳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想