金融リスク管理を変えた10大事件

藤井健司 著

金融リスク管理は、さまざまな経験に対する不断の改善の賜物。すべてを目撃してきた実務家が、その歴史と教訓を紐解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章「10大事件」と本書の構成
  • 第1章 ブラックマンデー-1987年
  • 第2章 G30レポートとVaR革命-1993年
  • 第3章 FRBショックとデリバティブ損失-1994年
  • 第4章 ベアリングズ銀行と不正トレーダー-1995年
  • 第5章 ヘッジファンドLTCM破綻-1998年
  • 第6章 バーゼル2とオペレーショナルリスク-2001〜2007年
  • 第7章 NY同時多発テロとBCP-2001年
  • 第8章 サブプライムローン問題と証券化商品-2007年
  • 第9章 リーマンショックと金融危機からバーゼル3へ-2008年〜
  • 第10章 アルゴリズム取引と「フラッシュ・クラッシュ」-2010年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融リスク管理を変えた10大事件
著作者等 藤井 健司
書名ヨミ キンユウ リスク カンリ オ カエタ ジュウダイジケン
書名別名 10CASES THAT CHANGED FINANCIAL RISK MANAGEMENT
出版元 金融財政事情研究会 : きんざい
刊行年月 2013.7
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-322-12346-3
NCID BB13242637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22278548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想