エピゲノムと生命

太田邦史 著

生命のしなやかさと多元性を生み出す「DNAの偽装」。エピゲノムは同じDNAの配列を用いて柔軟で多様な表現型を生み出すしくみだ。生物はエピゲノムを獲得することで環境にしなやかに適応する力、複雑な体を作る能力、記憶や認知能力を得た。エピゲノムの世代を超えた影響や、病気との関係も明らかになってきた。遺伝の概念を覆す生命科学の最前線。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命をつなぐバトン
  • 第2章 二重らせん上の暗号
  • 第3章 遺伝子以外のDNA
  • 第4章 偽装するDNA
  • 第5章 DNAの変装法
  • 第6章 飢餓ストレスとクロマチン構造
  • 第7章 エピゲノムによる生命の制御
  • 第8章 環境とエピジェネティクス
  • 第9章 世代を超えたエピゲノムの継承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エピゲノムと生命
著作者等 太田 邦史
書名ヨミ エピゲノム ト セイメイ : ディーエヌエー ダケ デ ナイ イデン ノ シクミ
書名別名 DNAだけでない「遺伝」のしくみ
シリーズ名 ブルーバックス B-1829
出版元 講談社
刊行年月 2013.8
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257829-5
NCID BB13228567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22297265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想