大栗先生の超弦理論入門

大栗博司 著

私たちは「どこ」に存在しているのか?物質の基本は「点」ではなく「ひも」とする超弦理論によって、ニュートンの力学、アインシュタインの相対性理論に続く時空概念の「第三の革命」が始まった。現代物理学における究極のテーマ「重力理論と量子力学の統合」にはなぜ「ひも」が必要なのか?「空間が九次元」とはどういうことか?類のない平易な説明の先に待ち受ける「空間は幻想」という衝撃の結論!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ「点」ではいけないのか
  • 第2章 もはや問題の先送りはできない
  • 第3章 「弦理論」から「超弦理論」へ
  • 第4章 なぜ九次元なのか
  • 第5章 力の統一原理
  • 第6章 第一次超弦理論革命
  • 第7章 トポロジカルな弦理論
  • 第8章 第二次超弦理論革命
  • 第9章 空間は幻想である
  • 第10章 時間は幻想か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大栗先生の超弦理論入門
著作者等 大栗 博司
書名ヨミ オオグリ センセイ ノ チョウゲン リロン ニュウモン : キュウジゲン セカイ ニ アッタ キュウキョク ノ リロン
書名別名 九次元世界にあった究極の理論
シリーズ名 ブルーバックス B-1827
出版元 講談社
刊行年月 2013.8
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257827-1
NCID BB13228308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22294770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想