がんの花道

長尾和宏, 藤野邦夫 著

家族ががんになった時、家族は患者をどう支えればいいのか-告知時の家族の在り方、病院と医者の選び方、セカンドオピニオンの取り方、おカネの問題など、「家族の悩み」を時系列的にひとつひとつ取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 初期・検査からセカンドオピニオン、そして「治療病院」確定-がん告知の瞬間、「家族の闘い」が始まる
  • 2章 治療期・治療開始、カネの問題、手術、精神不安との闘い-闘病中のがん患者に迫る「うつの恐怖」
  • 3章 小康期・患者を安心させる「タッチケア」、仕事への復帰、「治るがん」情報-再発・転移へ立ち向かう「家族のケア」
  • 4章 終末期・抗がん剤治療のやめ時、在宅療養、そして看取り-自宅での平穏死を選ぶ「家族の決断」
  • 5章 その後・配偶者の喪失ストレス、グリーフケア、周囲の力-悲嘆と向き合う「残された家族」への対応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がんの花道
著作者等 藤野 邦夫
長尾 和宏
書名ヨミ ガン ノ ハナミチ : カンジャ ノ ヘイオンセイ オ ササエル カゾク ノ チカラ
書名別名 患者の「平穏生」を支える家族の力

Gan no hanamichi
出版元 小学館
刊行年月 2013.8
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-09-388315-3
NCID BB13226798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22289838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想