政党組織の政治学

建林正彦 編著

日本の民主主義はどう動いているのか?地方議員・県連への詳細な調査から、政党の意思決定の姿を浮き彫りにする。政党政治の現在・過去・未来を見通すための試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政党地方組織の分析枠組み(マルチレベルの政治システムにおける政党組織
  • 都道府県議会議員から見た県連組織の実態
  • 政党の地方組織と地方議員の分析)
  • 第2部 自由民主党の地方組織(県議自律型県連の形成と運営-自民党茨城県連の事例から
  • 地方政党組織における意思決定の詳細-自民党青森県・秋田県連の事例から
  • 地方自治における政党の位置づけと機能-自民党岡山県連の事例から
  • 「代議士系列型県連」と「組織積み上げ型県連」-自民党群馬・静岡両県連の組織構造)
  • 第3部 民主党の地方組織(民主党地方組織の歴史的基盤-北海道と愛知県の事例から
  • 民主党大阪府連の形成過程と旧政党の遺産
  • 民主党地方組織の比較事例分析-徳島県と香川県における建設過程の事例から)
  • 第4部 政党地方組織の国際比較(イタリアにおける地方政党組織の変容と政治制度-トスカーナ州民主党の「例外的成功」からの考察
  • 韓国における市場志向的政党組織改革のゆくえ)
  • 日本における政党組織の中央地方関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政党組織の政治学
著作者等 建林 正彦
書名ヨミ セイトウ ソシキ ノ セイジガク
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2013.8
ページ数 323p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-21211-0
NCID BB13225489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22293053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想