伊勢神宮

三橋健 著

日本で最も有名な神社である伊勢神宮。内宮、外宮を取り巻くように、別宮、摂社、末社、所管社が鎮座し、百二十五の社からなっている。多くの日本人が、親しみをこめて「大神宮さま」「お伊勢さま」と呼び、古く、全国から、大勢の人々がお参りを重ねてきた。日本人の心のふるさと、歴史と神話の息づく至高の聖地を神道学者がやさしく案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 伊勢神宮とは何か(なぜ、伊勢神宮は特別なのか
  • 伊勢信仰と天照大御神
  • 神話と伊勢神宮
  • 八咫鏡を遷祀する
  • 大和から伊勢の地へ
  • 豊受大神宮の鎮座)
  • 第2部 伊勢神宮という宇宙(百二十五の社をたどる
  • 伊勢神宮の祭祀
  • 式年遷宮)
  • 第3部 祈りの大神宮史(伊勢に詣でる人々
  • 個人の祈りを超えて
  • 仏僧たちの参宮)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊勢神宮
著作者等 三橋 健
書名ヨミ イセ ジングウ : ニホンジン ワ ナニ オ イノッテ キタ ノカ
書名別名 日本人は何を祈ってきたのか
シリーズ名 朝日新書 416
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273516-4
NCID BB13215827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22293773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想