近代「国語」の成立における藤岡勝二の果した役割について

柿木重宜 著

[目次]

  • 1章 先行研究
  • 2章 藤岡勝二の言語思想について
  • 3章 国語調査委員会官制発足以前の状況
  • 4章 国語調査委員会(1902‐1913)について
  • 5章 国語調査委員会の重要項目(標準語・言文一致・仮名遣い)における藤岡勝二の役割
  • 6章 『言語學雑誌』の資料的価値について-藤岡勝二の言説を中心にして
  • 7章 藤岡勝二とその周辺
  • 8章 藤岡勝二の言語観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代「国語」の成立における藤岡勝二の果した役割について
著作者等 柿木 重宜
書名ヨミ キンダイ 「 コクゴ 」 ノ セイリツ ニ オケル フジオカ カツジ ノ ハタシタ ヤクワリ ニ ツイテ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2013.2
ページ数 175p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0779-3
NCID BB13205583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22336294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想