支倉常長遣欧使節もうひとつの遺産

太田尚樹 著

[目次]

  • 第1章 支倉使節団とは何か(伊達政宗の南蛮交易構想
  • 慶長三陸大地震に襲われた仙台藩 ほか)
  • 第2章 使節団の足跡を訪ねて-月浦(石巻市)からローマまで(宮城県石巻市・月浦
  • 大波に揉まれる北太平洋 ほか)
  • 第3章 サムライの末裔伝説を追って(セビリアでのあるできごと
  • コリア・デル・リオへ ほか)
  • 第4章 コリア・デル・リオ、二〇一二(遠い日本への想い
  • 郷土史家ビルヒニオのこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 支倉常長遣欧使節もうひとつの遺産
著作者等 太田 尚樹
書名ヨミ ハセクラ ツネナガ ケンオウ シセツ モウ ヒトツ ノ イサン : ソノ タビジ ト ハポンセイ スペインジンタチ
書名別名 その旅路と日本姓スペイン人たち

Hasekura tsunenaga ken'o shisetsu mo hitotsu no isan
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.8
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-634-15042-3
NCID BB13198025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22292474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想