科学と人間

佐藤文隆 著

日本を代表する物理学者が、これからの科学を語る。さまざまな場面で科学がほころび始めている。私たちの社会と科学の関係を見直すべきときがきているのだ。量子力学の第一人者が、長年の経験から、民主主義、教育制度、あるいは日々の生活の隅々にまで目を向けて、「科学」と私たちの関係を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 社会が科学をもつとは
  • 第1章 科学と人間
  • 第2章 学校教育での科学
  • 第3章 量子力学にみる科学と社会思想
  • 第4章 世相の中の科学
  • 第5章 数理と思潮

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学と人間
著作者等 佐藤 文隆
書名ヨミ カガク ト ニンゲン : カガク ガ シャカイ ニ デキル コト
書名別名 科学が社会にできること
出版元 青土社
刊行年月 2013.7
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6717-5
NCID BB13184042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22283365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想