都市のリアル

吉原直樹, 近森高明 編

都市から語れば、現代社会論は異なるかたちへと開かれる。労働、家族、医療、文化、コミュニティ、ネットワーク、震災復興など、社会のいまを語るコトバから都市論のコトバへと「翻訳」する、現代を読みとく社会学者の野心的なアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「ゆらぐ都市」から「つなぐ都市」へ
  • 第1部 問いのなかの都市(計画と開発のすきまから-人間不在の足跡を読む
  • 都市は甦るか-不安感の漂うなかで
  • 不安の深層から-見えない犯罪の裏側を探る
  • 働くものの目線-サービス産業化する都市の内側)
  • 第2部 ゆらぐ都市のかたち(見えない家族、見える家族-イメージの変容から
  • あるけど、ないコミュニティ-町内会のゆくえ
  • きしむワーク-行政のはざまで
  • 生と死のあいだ-都市高齢者の孤独に向き合う医療と介護)
  • 第3部 つなぐ都市へ(新しい絆のゆくえ-ソーシャル・キャピタルのいまを解く
  • 文化を編みなおす-夢物語から立ち上がる
  • サウンドスケープ考-あふれる音の向こうに)
  • 第4部 都市のリアル(上からと下から-都市を見る漱石の目、鴎外の目
  • "都市的なるもの"の救出-ベンヤミン補助線にルフェーヴルを読む)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市のリアル
著作者等 吉原 直樹
近森 高明
書名ヨミ トシ ノ リアル
書名別名 Understanding the Contemporary Urban Reality
出版元 有斐閣
刊行年月 2013.8
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-17392-7
NCID BB13183582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22300143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
《都市的なるもの》の救出 近森高明 著
「ゆらぐ都市」から「つなぐ都市」へ 近森高明 著, 吉原 直樹
あるけど,ないコミュニティ 小浜ふみ子 著
きしむワーク 筒井美紀 著
サウンドスケープ今昔 小泉恭子 著
上からと下から 吉原直樹 著
不安の深層から 菱山宏輔 著
働くものの目線 田中研之輔 著
文化を編みなおす 高橋雅也 著
新しい絆のゆくえ 西山志保 著
生と死のあいだ 伊藤嘉高 著
見えない家族,見える家族 永井暁子 著
計画と開発のすきまから 清水亮 著
都市は甦るか 高橋早苗 著
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想