戦国大名の「外交」

丸島和洋 著

戦国大名たちは合戦だけをしていたわけではない。和睦や軍事同盟、領土交渉という「外交」を、活発に行って戦国時代を生き抜かんとしていた。武田信玄、今川義元・北条氏康による名高い「甲駿相三国同盟」の成立の舞台裏をはじめ、文書と交渉者「取次」が飛び交う、外交の現場を生々しく描き出す。最新の戦国期研究の成果がここにある!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦国大名という「地域国家」
  • 第1章 外交の作法
  • 第2章 外交による国境再編
  • 第3章 外交書状の作られ方
  • 第4章 取次という外交官
  • 第5章 外交の使者
  • 第6章 外交の交渉ルート
  • 第7章 独断で動く取次
  • 第8章 取次に与えられた恩賞
  • 終章 戦国大名外交の行く末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国大名の「外交」
著作者等 丸島 和洋
書名ヨミ センゴク ダイミョウ ノ ガイコウ
書名別名 Sengoku daimyo no gaiko
シリーズ名 講談社選書メチエ 556
出版元 講談社
刊行年月 2013.8
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258559-0
NCID BB13178323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22292300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想