危ないリニア新幹線

リニア・市民ネット 編著

実験線を走らせるだけで宙に浮いていたリニア計画が、JR東海によるリニア中央新幹線計画の浮上で現実味を帯びてきた。しかし、建設費だけでも5兆4000億円を超え、リニア特有の電磁波の健康影響問題や、中央構造線のトンネル貫通の危険性、地震の時の安全対策など問題が山積している。また電力も膨大に必要になり、自然破壊も問題だ。時間短縮も都心間では在来新幹線と比べてさほどではなく、採算性は極めて怪しいという。本書は、こうした様々な問題点を、専門家が詳しく分析し、リニア中央新幹線の必要性を考える素材を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リニア新幹線に未来はあるか?
  • 第2章 南海トラフ巨大地震とリニア中央新幹線
  • 第3章 リニア中央新幹線の電磁波問題
  • 第4章 リニア中央新幹線の採算性
  • 第5章 スピードの原罪-文明論としてのリニア
  • 第6章 リニアのジレンマ
  • 第7章 計画沿線の市民の声

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危ないリニア新幹線
著作者等 リニア・市民ネット
リニア市民ネット
書名ヨミ アブナイ リニア シンカンセン
出版元 緑風
刊行年月 2013.7
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8461-1315-5
NCID BB13168396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22278860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想