福島から問う教育と命

中村晋, 大森直樹 著

東京電力福島第一原発の事故は、福島県の学校や子どもたちに深刻な影響を及ぼした。学校の臨時移転・休業、生徒たちの避難や転校、放射能への不安と向き合う日常…。こうした状況を子どもたちはどう受け止めているのか。そして、いま教育は何をすべきか。『朝日新聞』「声」などへの投稿で話題を呼んだ福島の高校教諭と、丹念に現地調査を続ける教育学者が根本から問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 3・11後の二つの学校風景
  • 第1章 いま教育は命を育んでいるか-福島の学校現場から
  • 第2章 3・11が教育にもらたしたもの-福島の学校と子どもたち
  • おわりに 人間が人間らしく生きるための教育へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島から問う教育と命
著作者等 中村 晋
大森 直樹
書名ヨミ フクシマ カラ トウ キョウイク ト イノチ
シリーズ名 岩波ブックレット No.879
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.8
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270879-9
NCID BB13136006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22301220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想