ヨーロッパ政治思想の誕生

将基面貴巳 著

権力と相互依存、暴政と同意など、「ヨーロッパ文化」の形成とともに生まれた、「政治」をめぐる多様な知の営みは、いかなる特質をもち、どのように展開したのか。一貫した眼差しによって中世政治思想を明快に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一二世紀人文主義と政治思想
  • 第2章 教会法学と権力論の成長
  • 第3章 アリストテレス政治学の衝撃
  • 第4章 教会権力論の発展
  • 第5章 政治共同体論の自立
  • 第6章 教会論の転回
  • 第7章 危機の教会論
  • 終章 ヨーロッパ政治思想の誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ政治思想の誕生
著作者等 将基面 貴巳
書名ヨミ ヨーロッパ セイジ シソウ ノ タンジョウ
書名別名 The Birth of European Political Thought
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2013.8
ページ数 262,56p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0738-2
NCID BB13121417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22287424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想