刑事判例の史的展開

内田博文 著

戦後史のなかに刑事判例を位置づける。リーディングケースといわれる判例を、最高裁長官ごとに整理。裁判官の人的特性、歴史的な背景にまで留意し、その成立過程を分析。点としてではなく、面ないしは線として分析することで、深層に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1代最高裁長官 三淵忠彦(1947年8月4日〜1950年3月2日)
  • 第2代最高裁長官 田中耕太郎(1950年3月3日〜1960年10月24日)
  • 第3代最高裁長官 横田喜三郎(1960年10月25日〜1966年8月5日)
  • 第4代最高裁長官 横田正俊(1966年8月6日〜1969年1月10日)
  • 第5代最高裁長官 石田和外(1969年1月11日〜1973年5月19日)
  • 第6代最高裁長官 村上朝一(1973年5月21日〜1976年5月24日)
  • 第7代最高裁長官 藤林益三(1976年5月25日〜1977年8月25日)
  • 第8代最高裁長官 岡原昌男(1997年8月26日〜1979年3月31日)
  • 第9代最高裁長官 服部高顕(1979年4月2日〜1982年9月30日)
  • 第10代最高裁長官 寺田治郎(1982年10月1日〜1985年11月3日)
  • 第11代最高裁長官 矢口洪一(1985年11月5日〜1990年2月19日)
  • 第12代最高裁長官 草場良八(1990年2月20日〜1995年11月7日)
  • 第13代最高裁長官 三好達(1995年11月7日〜1997年10月30日)
  • 第14代最高裁長官 山口繁(1997年10月31日〜2002年11月3日)
  • 第15代最高裁長官 町田顕(2002年11月6日〜2006年10月15日)
  • 第16代最高裁長官 島田仁郎(2006年10月16日〜2008年11月21日)
  • 第17代最高裁長官 竹崎博允(2008年11月22日〜現在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑事判例の史的展開
著作者等 内田 博文
書名ヨミ ケイジ ハンレイ ノ シテキ テンカイ
出版元 法律文化社
刊行年月 2013.7
ページ数 787p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03534-9
NCID BB13117704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22287325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想