残念な人の働き方

山崎将志 著

小さく考える人は小さな仕事しかできない?-残念な働き方を脱却するためには定数aの正しい理解が必要である。洗濯機のガタガタから学ぶヒットの法則、"人気女優似"に知るブランド力など、身近なシーンからヒントを紹介する、ベストセラー『残念な人の思考法』の続編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 私たちには時間が余っている(原価二〇〇円の料理がレストランで八〇〇円になる本当の理由
  • 便利で楽しい商品がなくても生きてはいける ほか)
  • 2章 成果の出し方は洗濯機が教えてくれる(洗濯機のガタガタから得る仕事のヒント
  • 客の「固有振動数」を見つければ共感が得られる ほか)
  • 3章 「やるべき」と思う人、「やりたい」と思う人(商売になるモノやコトはwant>must>should
  • 時間つぶしを「したい」と思われる材料の提供ほど難しい ほか)
  • 4章 大事なことはすべて教科書が教えてくれる(生きていくのに「割り算」は重要か?
  • コンピュータや新興国と競争しなければいけない ほか)
  • 5章 あの人の話はなぜ面白くないのか(ポケモンとドラえもんの話をつまらなくする方法
  • 人間は「あらすじ」より「メッセージ」に興味を持つ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 残念な人の働き方
著作者等 山崎 将志
書名ヨミ ザンネン ナ ヒト ノ ハタラキカタ
書名別名 Zannen na hito no hatarakikata
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 や9-3
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2013.7
ページ数 213p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19693-6
NCID BB13116257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22272985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想