朝鮮王朝の国家と財政

六反田豊 著

建国当初に整備された現物徴収制度としての貢納制が行き詰まりをみせるなか、朝鮮王朝では十六世紀に入るとその改革が本格的に検討されるようになった。十七世紀になってそれは大同法の施行として結実する。朝鮮王朝における画期的な財政改革と評価される大同法とはそもそもどのような制度だったのか。大同法の施行によって朝鮮王朝の税制・役制はどのように変化したのか。大同法に焦点をあてながら、朝鮮王朝の国家財政の仕組みとその変容の過程を跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 朝鮮王朝の収取体制・国家財政と大同法の施行
  • 1 朝鮮時代前半期の収取体制
  • 2 貢納制の弊害とその改革
  • 3 大同法の施行過程
  • 4 大同法の概要とその変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮王朝の国家と財政
著作者等 六反田 豊
書名ヨミ チョウセン オウチョウ ノ コッカ ト ザイセイ
シリーズ名 世界史リブレット 110
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.7
ページ数 98p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34948-3
NCID BB13111082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22286111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想