"開国"農政への危惧

梶井功 著

[目次]

  • 1 民主党農政への期待-二〇一〇年年頭所感(気になる"モデル対策"の考え方
  • この予算で自給率五〇%は可能か? ほか)
  • 2 "食料の安全保障"は海外依存で、か?-二〇一一年年頭所感(農水省「Q&A」で納得できるか?-戸別所得補償制度二三年度対策への疑問
  • 三六年ぶりの低予算への疑問 ほか)
  • 3 "開国による恩恵の分配"?-二〇一二年年頭所感(戸別所得補償制度は変質するのか?
  • もっとフランスを見習ってはどうか ほか)
  • 4 "開国農政"への危惧-二〇一三年年頭所感(厳しさ増す二〇一三年の農業・農政
  • 選挙公約はどう二五年度予算に反映されたか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 "開国"農政への危惧
著作者等 梶井 功
書名ヨミ カイコク ノウセイ エノ キグ : ニジュウイッセイキ ノ ノウセイ ニ モノ モウス
書名別名 21世紀の農政にもの申す
出版元 筑波書房
刊行年月 2013.7
ページ数 170p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8119-0423-8
NCID BB13082290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22279424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想