富士山文化 : その信仰遺跡を歩く

竹谷靱負 著

容易には理解できない奥深さを持つのが、富士山の信仰文化である。本書では、富士山学の第一人者が、世界文化遺産登録を受けた遺跡はもちろん、そこから漏れた重要遺跡もまとめて、富士山文化の全貌を解説する。まさに待望の本格的参拝ガイドとなった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸の町が「富士のお山」を支えてきた!
  • 第2章 「富士塚」に参拝しよう!
  • 第3章 「富士山遥拝所」の跡を訪ねよう!
  • 第4章 「浅間神社」に参拝しよう!
  • 第5章 「登拝道」を辿ろう!
  • 第6章 富士山内・山麓の遺跡を訪ねよう!
  • 第7章 「お胎内」に潜ろう!
  • 第8章 「富士八海」を巡拝しよう!
  • 第9章 「富士山形」を探そう!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 富士山文化 : その信仰遺跡を歩く
著作者等 竹谷 靱負
書名ヨミ フジサン ブンカ : ソノ シンコウ イセキ オ アルク
書名別名 Fujisan bunka
シリーズ名 祥伝社新書 325
出版元 祥伝社
刊行年月 2013.7
ページ数 308p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11325-4
NCID BB13068256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22278147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想