経済学にとって公共性とはなにか

小坂直人 著

インフラの本質は公共性にある。公益事業と公共性の接点を探りつつ、福島原発事故をきっかけに浮上する電力システムにおける公共空間の解明を通じて、公共性を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東日本大震災と福島原発事故が問うもの
  • 第1章 経済から見る公共性-新しい「公共」の「新しさ」について
  • 第2章 共同体・国家および公共性-政治経済学・経済史学会からみる公共性
  • 第3章 公共性は私的空間をいかに取り込むか-山田良治氏の所論によせて
  • 第4章 福島原発事故と日本のエネルギー政策-「原子力立国論」の虚構
  • 第5章 福島県と電源立地問題-遠距離送電技術の功罪
  • 終章 3.11と再生可能エネルギー・ルネッサンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学にとって公共性とはなにか
著作者等 小坂 直人
書名ヨミ ケイザイガク ニ トッテ コウキョウセイ トワ ナニ カ : コウエキ ジギョウ ト インフラ ノ ケイザイガク
書名別名 公益事業とインフラの経済学

Keizaigaku ni totte kokyosei towa nani ka
シリーズ名 シリーズ社会・経済を学ぶ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2013.6
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8188-2274-0
NCID BB13051231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22288422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想