ジビエを食べれば「害獣」は減るのか : 野生動物問題を解くヒント

和田一雄 著

増えすぎた野生動物を食べて減らす?!全国的に増えすぎたシカやイノシシをどうするか。昔はジビエとして食べられていたサルもまたしかり…。野生動物をめぐる悩ましい問題の"肝"に迫る!動物研究50年の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 陸の獣たち(どうやって野生動物の被害を防ぐか
  • ニホンザルの生態と保全
  • 憧れのユーラシアへ)
  • 2部 海の獣たち-鰭脚類の生活と保全(オットセイの回遊調査
  • 漁業被害とは何だろう-ゼニガタアザラシから考える
  • 繁殖場のオットセイ
  • トドの生活)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジビエを食べれば「害獣」は減るのか : 野生動物問題を解くヒント
著作者等 和田 一雄
書名ヨミ ジビエ オ タベレバ ガイジュウ ワ ヘル ノカ : ヤセイ ドウブツ モンダイ オ トク ヒント
出版元 八坂書房
刊行年月 2013.6
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89694-156-2
NCID BB13032532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22272673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想