カネを積まれても使いたくない日本語

内館牧子 著

過剰にへり下る、あいまいにぼかす、相手を異様に持ち上げる…。現代は、すぐ「偉そう」と非難され、仲間外れにされ、ネットで叩かれる。だから誰にでも気を使い、おもねり、断定しない。しかし、「気遣い」とオドオドと生きることは別だ。今こそ、断言すべきは断言する勇気と、的確に表現する豊富な語彙力を!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大らかな許容の果てに(ら抜き)
  • 第2章 過剰なへり下り(〜させて頂く
  • ヘンな敬語 ほか)
  • 第3章 断定回避の言葉(あいまいにぼかす
  • ピンポイントで言わない ほか)
  • 第4章 ヘンな言葉(ヘンな問いかけ
  • ヘンなあいづち ほか)
  • 第5章 誰が悪いのか(汗をかく
  • 遺憾 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カネを積まれても使いたくない日本語
著作者等 内館 牧子
書名ヨミ カネ オ ツマレテモ ツカイタクナイ ニホンゴ
シリーズ名 朝日新書 413
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.7
ページ数 293p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273513-3
NCID BB13028284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22277624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想