食品・医薬品の味覚修飾技術 = Taste Modification Technology of Food and Medicine

都甲潔, 内田享弘 監修

めまぐるしく進歩する食品・医薬品の加工技術の最新動向について、その基礎から応用・適用例までを詳細かつ包括的に紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論編(おいしさのしくみ
  • 医薬品の味について)
  • 味覚修飾編(味覚修飾現象
  • 油脂の「味」と「おいしさ」)
  • におい修飾編(匂いの受容と修飾のメカニズム
  • トレハロースとおいしさの維持-臭い抑制と食感改善)
  • テクスチャー編(テクスチャーで決まるおいしさ
  • テクスチャーの改善)
  • マスキング技術編(食品におけるマスキング技術
  • 医薬品におけるマスキング技術
  • 化学的苦味マスキング
  • 物理的苦味マスキング
  • においマスキング)
  • センサ技術編(味覚センサ
  • においセンサ
  • テクスチャーを測る機器
  • おいしさを求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品・医薬品の味覚修飾技術 = Taste Modification Technology of Food and Medicine
著作者等 内田 享弘
都甲 潔
書名ヨミ ショクヒン イヤクヒン ノ ミカク シュウショク ギジュツ
書名別名 Taste Modification Technology of Food and Medicine
シリーズ名 食品シリーズ
出版元 シーエムシー
刊行年月 2013.7
版表示 普及版.
ページ数 302p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7813-0726-8
NCID BB13014337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22277678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想